FC2ブログ

俺育て!虎ヘッド風味:ver2.3

今回、また、施主でありながら忌中引きの挨拶をすることになった。
親父のときは、俺も親父と同じ業界団体に所属してたもんで、俺が挨拶するのはアリだとは思ったんだけど、今回の身内ばっかの葬儀で挨拶はしないでいいだろ・・・普通・・・。

まあ、しかし、喪主であるお袋はいっぱいいっぱいだし、まあいいか。と思って引き受けた。
で、身内ばっかの葬儀で引き受けたんだから、今回は定型分じゃなくて好き勝手に挨拶させてもらうことにした。

録音してた人がいて、データをいただいた。

 祖母の周りにはいつも人がいました。
 家族親戚ばかりじゃなく、近所の人、遠方から来た人など、いつも人がいっぱいでした。
 今の核家族とは正反対というか、むしろ昔の家の形態のような。町、社会の一部としての家を作り上げていた人だと思いました。
 その、横の円と、祖母の過ごした時間、記憶、好奇心旺盛な人でしたので、見聞きした知識。そういう、縦の流れ。その縦と横の広がりが創り出す丸い玉のようなもの。
 それが、多分『時代』というものじゃないかと思います。
 みなさんそれぞれ、時代を持っていて、他人の『時代』と重なって、おおきな『歴史』というもんができるんじゃないか?
 そんなことを考えさせられていました。
 私含めて、皆さん、うちの祖母という『時代』に巻き込まれた被害者です。とても、幸せな被害者です。
 私や、ここにいる母なんかは、特に重症で、特に幸せな被害者です。
 『時代』は来るものや終るものではなく、できあがって、いつまでも有り続ける。そんなものではないか?と祖母の遺影を見ていると考えさせられます。

 ・・・・と、坊さんよりも坊さんらしい髪型で偉そうなこと申しましたが、個人的な楽しかったことや腹が立ったことなんかは、一旦うちに持ち帰って、一人で噛み締めたいと思います。

 最期に、喪主である母より一言申し上げて忌中引きの挨拶を締めくくらせていただきます。

 ※こっから母号泣しながら結局「ありがとうございました」連呼


あー、まあ、けっこうなこと言ってるなぁ・・・と。
あと、話の中で戒名に触れていたんだけど、そこはカットしました。
戒名がどの程度の個人情報なのかわかんないけど。

しかし、あまりにも濃密な一週間でした。
一時は持ち直したばあちゃんだけど、急変してからさすがに持ち直すことが不可能になり、結局、家族全員の総意で、痛みを取り、沈静させる方向で処置をすすめてもらうことになった。
でも、まあ、おかげで死に顔が安らかだったし・・・。

ばあちゃんの姉が亡くなったときに、ばあちゃんがその死に顔を見て「あんた、きれいだねぇ、ミス死骸だねぇ」と言っていたのを、ばあちゃんの姉のお孫さんが覚えていて、うちのばあちゃんは見事に「ミス死骸2008」をいただきました。

あと、通夜の際、メールや電報でお悔やみ伝えてくえた方々に深く感謝します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご愁傷様です。
その喪主のセリフってアドリブじゃないですよね?
読んでて、絶対自分じゃ考え出せないような内容だなぁって。
2008/07/15(火) 22:42 | URL | あるてぃ #-[ 編集]
完全にその場で考えたわけじゃないけど、原稿はナシです。
実際に感じていたものをその場で繋げて言葉にしたって感じですね。

ほら、そういう説明しないといけない商売やってるから、訓練できてるのよ。
2008/07/16(水) 14:42 | URL | すしバー #-[ 編集]
俺には無理…
2008/07/16(水) 21:40 | URL | uma #-[ 編集]
じゃ定型分暗記だな・・・
2008/07/17(木) 08:46 | URL | すしバー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://susukino.blog12.fc2.com/tb.php/4392-42d56028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック