俺育て!虎ヘッド風味:ver2.3

札幌中央区の一人旅の宿ならアビネル最高!と思ってたわけですが、もう一つニコーリフレという選択肢もできたので、とりあえず、今回宿泊してみました。
元々、ニコーサウナは古くからあったのですが、最近リニューアルしてカプセルもできて、完全にアビネルと対決状態にあります。
そこで、実際に宿泊してみて徹底比較してみます。

・料金
 ニコーがビジターで普通室3500円、DX4200円
 アビネルはビジターで普通2800円、DX3500円
 しかし、ニコーは会員証が無料。しかも、会員証作って即会員料金が適応されるので、普通
2700円、DX3400円と、実質的にちょっと安い。

・入浴のみの料金
 両方とも3時間800円
 後は5時間1000円とか、6時間1000円とか、大して変わらない。
 
 アビネルにはミッドナイトプランという、料金は通常だけど、朝4時から午後2時までカプセルが使えるシステムがある。
 ニコーには、お昼寝1000円で3時間カプセルが使えるシステムがある。

・インターネット
 アビネルはPCが設置されていて有料
 ニコーは、PC持込でLANが無料で開放

・休憩室
 どちらも変らず。
 だが、ニコーにはたたみの部屋がある。
 マンガの数は、長年の蓄積がモノをいい、ニコーが圧倒的に多い。ただし、全巻揃ってないものも多い。
 また、ニコーにはアビネルで無くなったサービスである、休憩室への飲食物の出前サービスがある。

・食事
 ニコーの方がちゃんとしてるかな?なんせ、居酒屋が入ってるからなぁ・・・。
 朝食に関しては、アビネルはチョイス方式。ニコーは一回限りのバイキング(ただし、ご飯味噌汁スープコーヒーパンはおかわり自由)で800円(前日にチケット買うと650円)。
 アビネルの方が安く上がると思う。
 
・喫煙所
 両方とも各階にある。
 ニコーは完全に仕切られている。
 アビネルは仕切られていないが、テレビがある。

・カプセル
 ほぼ、同じ。
 アビネルは、AVが無くなった。
 ニコーはおなじみ、1000円のカード購入方式。
 一般放送はどっちも無料。

・スパ施設
 ニコーの方が充実している。が、ちょっとお湯がぬるい。
 アビネルは、露天風呂があり、すすきののど真ん中で合法的に露出できる。
 冬は、露天があれば、サウナの後に水風呂に入るよりも心臓に負担かけずに汗をひかせることができていい。

・立地
 アビネルはすすきのの脂っこいところまですぐ。
 ニコーは狸小路のアーケードの中


というわけで、似たり寄ったりなんだけど、ちょっと休むならアビネルかな?
宿泊してみて、ニコーの方が快適かもしれないと思った。
札幌にカプセルホテルは多いけど、なんか、他のところは汚かったり、やたら泥酔した客が転がってたり・・・と、いい思いは今までしてなかったんだけど、最近出来たこの二店舗はかなり快適でゆったりできます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近アビネルは朝食バイキングを始めAVも見放題。かなり改善されたみたいですね。
2010/05/16(日) 13:14 | URL | まぁ #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://susukino.blog12.fc2.com/tb.php/4279-a9a95d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック