俺育て!虎ヘッド風味:ver2.3

Image007.jpg
釧路にも鷄白湯がやってきました。
数量限定で発売されるようです。
スープは、釧路市民の嗜好に合わせて、さらっとした感じに仕上げてありますが、鷄ダシの風味がかなり出ております。

まだまだ、トッピングや麺など改良するようです。
実際、鷄スープに豚チャーシューの味が溶けてた部分は、ややスープが負けてたようにも思えますし。
でも、昇憲の店主ならそのへんうまいこと処理してくれるはず。

俺的な好みとしては、もっとガツンと、ドロッと、コラーゲンがべたっとしたのもいいと思うんですが、そういうのも多分どっか別の店で出してくれそうな感じがします。
スポンサーサイト
Image004.jpg
二度目、
開店して三ヶ月。メニューが増えてました。
まぜそば、えび豚骨、坦々麺、坦々つけ麺など。

客の入りは祝日だからか、まずまず。

新メニューに心ひかれながらも、ここはつけ麺。

で、前に食ったときは、かなりいただけない味でしたが、改良されたのか、まずまずいただけるものになってました。

ただ、かなりスープの仕込みの荒さが目立ちます。
臭みと酸味。
豚骨の処理の甘さから来るこの二つの雑味がどうしても残念。
また、魚介の味を出すために、鰹節を入れるのはいいんだけど、そのままスープに沈めるのはどうかと思いました。

ただ、前よりも進歩してるのは間違いなかったですね。

しかし、えびスープか…。

なんか、この店、あちこちの流行りを取り入れるのはいいけど、自分なりに昇華できてなさそう。

ただ、まぜそばの客が多くてびっくり。
先日、若いやつらに合コンのセッティングをしてきた。
女性陣は行きつけの店の常連さん、男性陣は、仕事関係の業者さん。
4人対4人でセッティングした。
もちろん、俺は、一次会の途中でちゃんと退散したわけだが。
女性陣の人柄なんかはもう、保証済み。
だから、男性陣の選択も考えたねー。
しかし、いい感じのルックスで、感じのいい男性陣が集まった。

ただ、女性陣が男性陣よりも年上なのが気になったが、いやいや、普段店でみかける雰囲気と、ビシっと決めた雰囲気ではかなり違うのね。
女性陣、みんなキレイ。
しかも、ある程度年とってるし、頭いいから、すごく魅力的。
若い男性陣も逆に気が楽だったんじゃないかな?
まあ、ギャル系即ヤリみたいなのも多分嫌いじゃないんだろうけど。

で、まあ、ちょっとテンション低めのやつがいたら、俺が話ふってみたり、わざとバカにして、回りにかばってもらったりして、場をあっためて帰ってきた。

つーか、女性陣、きれいだったなぁ・・・
とか、考えながら帰ってる最中、「俺、なにやってんだかなぁ」みたいなことつぶやいてた。

次の日は、家電屋で偶然会った知り合いが、なんか、デジカメの備品をなくしたらしく、店がどういう対応取るか興味があったので、話が終わるまで一緒に聞いてた。
まあ、備品なんで、取り寄せになるということ。
取り寄せると、けっこう時間がかかる。
ただ、結婚式の写真を撮りたくて、その結婚式がもうすぐらしい。
とりあえず、その店を出て、俺の行きつけの家電屋に行ってみたら、顔見知りの店で力のある人が出てきて、備品を取り寄せの値段で、店内展示品の備品を売ってもらえることになった。

非常に感謝された。
若い女の子だったんだが、かなり早めのバレンタインデーのチョコ買ってきてくれた。

なにやってんだかなぁ、の答えは、感謝と笑った顔を見るため・・・でいいかな?と思った。

自分のできる範囲で、さらっと何かやってあげられる。
ちょっと、俺が理想に思ってるオトナに近づいたかな?と思った立春。