俺育て!虎ヘッド風味:ver2.3

YAMASAガンダム公式サイト

これ、けっこう設定良くないと勝てないと思う。
しかし、一部の人間は、当らなくとも打たされてしまう危険性がある。

そりゃね、演出で黒い三連星が出てきて、二度目のジェットストリームアタックが出たら、そりゃ、勝ち確定ですよ。
ただ、演出は、そんな名場面ばっかではない。
すごく細かい。
もう、サンライズから映像素材を全部買い取ったのではなかろうか?というくらい細かい。
しかも、変な説明ナシで、ほとんど生素材が動画で出てくる。

つーか、これ、だれだっけ?っていうキャラが出てきたりするし。

ミデアにカイシデンと一緒に乗って、手動でミサイル発射させるそばかすの女性・・だれだっけ?
ちなみに、見事発射できるけど、その女性は殉職してしまうのだが、敵機が撃墜できて大当たり確定。

ランバラル隊がホワイトベースに白兵戦を仕掛けてくる。
連邦軍も白兵戦で応戦。
アムロと一緒に戦ってた金髪の少年兵士・・・誰だっけ?
ちなみに、その演出は、ガンダムの前で待っているセイラ。
そのセイラとランバラルが対面し、ランバラルが一瞬硬直している間にアムロがガンダムに乗り込めば大当たり。

画面に演出はないのだが、レバーオンしたときに
「ボクが一番ガンダムをうまく扱えるんだ」
の声がして、大当たり。

つーか、未だに、ボーナス引いて「哀戦士」が聞けたことが無い。
つーか、B面の曲なのかな?すげー悲しい曲。
なんか、コインは出てくるんだけど、すげー鬱にさせられる曲が流れてみたり。

この台、徹底的にガンダムを知らない人は置いてけぼりを食う。
知ってるやつだけ熱くなればいい・・・って演出。

どうでもいい演出含めて、かなりの映像素材が使われていて、全ての演出を見切ることは到底不可能じゃないだろうか?

ちなみに、ボーナス確定の告知画面は、コアファイター変形からガンダムABパーツ合体のシーンが使われているのが俺的にうれしい。

というわけで、当らなくとも打たされてしまう人が多く現れそうな台。
スポンサーサイト
p4569_1.jpg


釧路に帰っていきなりパチンコ行ったわけですが・・・。
写真のパチンコ台
奇跡の電役キャプテンロバートというものです。
写真ではみづらいかもしれないけど、盤面中央下部にはチューリップがあるのみ。
大当たり一回につき、出玉はかなりしょぼい・・・けど、継続率が96%!

ただ、これ、初打ちしたときには3連くらいで終了したんで印象は良くなかったんだけど、本日、引き戻し合わせて200連達成!
称号も、『海王ポセイドン』をゲット。

すっげーだらだらと出っ放しになる仕様は嫌いじゃない。
ただ、一回長いの出してしまうと、もう時間が無い時は打ってはいけないと思ってしまう。
しかし・・・多分また打ってしまうんだろうな・・・。

初当たり確率は1/146なんだけど、チャッカーがスルーなんで払い戻しはない。

あんまり深追いしたら、しょぼい連荘で終了したときのショックがでかそうだ・・・。
im_juggler_photo.jpg
ううむ・・・今まで俺はなんか、マヒしていたのかもしれない。
昨日、一昨日と、一時間程度なんだけど五号機のジャグラーを打ってみた。
ジャグラーシリーズってのは、変わらず盤面左下のランプが光ったら当たり。という単純明快なシステム。
それだけに地味。
やっぱ、演出の面白い、連荘が熱い機種が好きだったわけだが・・・。
今、五号機ジャグラーに割と高設定が入っているので、データから明らかに高設定と思われる台を打ってみたんですが、これが、一昨日1200枚、昨日1400枚と、期待どうりに出るわけですよ。
考えてみれば、番長なんかで1000枚獲得する道のりを考えると、データから高設定を確信して投資数千円で1000枚獲得できるのはもしかしたらすごいことなのかな?とか思ってしまいました。

やっぱ、確実に感覚がマヒしてたんだな・・・。

ただ、一時期ジャグラーの裏モノなんかが出て、データだけでは判断がつかない時期もあったんで、それでちょっと痛い目を見て敬遠していたこともあったんだよなぁ・・・。

今の時期ならまだ五号機ジャグラーも裏ロムはできてないだろうし、最近のデータカウンターは、はまりと連荘の様子がよくわかるし閉店一時間前の開き台で勝負できるかな?って感じがする。

まだまだ4号機があるし、五号機の高設定が捨ててある状況を考えると、今からがっちり堅く打って、マヒした感覚を取り戻すのも一つかなぁ?とか考えている。
sinnichimade.gif
五号機『新日本プロレスまでもがパチスロ機』です。
パチスロとプロレスって、相性がいいと思うんですよね。
なんせ、ボタンが3っつで、スリーカウントですしね。
演出も多彩で面白い。
つーか、同じプロレスがモチーフのパチスロ機でも・・・
Rumble Roses (コナミ・ザ・ベスト) Rumble Roses (コナミ・ザ・ベスト)
PlayStation2 (2005/08/25)
コナミ

この商品の詳細を見る

このパチスロは演出がいまいちだった・・・。
いや、こっちは、プロレスとうよりも乳ゆれが売りなのかもしれないが・・・。

新日本プロレスの方だが、実はこの機種、評価がすごく分かれている。
多分、店次第なんだと思うが、低設定は本当に出ない。多分設定1だととんでもないくらいはまるんじゃないだろうか?
中間設定以上でぼちぼち出るんじゃないかと思う。
ありがたいことに、俺は高設定打てたもんで、演出もしっかり楽しめたし、プレミアム演出も見れた。
ボーナス後は「60ゲーム一本勝負」のプロレス演出になり、リプレイ確率が上がってコイン持ちが良くなるのだが・・・・リプレイがなかなか成立してくれないこともあり、60Gの間にクレジットが終わることも多々ある。
60Gしかないんだから、子役以外のゲームはリプレイ100%でも良かったんじゃないだろうか?
en_01.jpg
蝶野、かっこいいよね・・・。
en_03.jpg
永田・・・・面白いよね。
en_02.jpg
en_04.jpg
その他、演出は多彩。
登場レスラーは12人。
後はお店が中間設定以上をどんだけ入れてくれるか?にかかっている。
prod_edoMachine.gif
五号機パチスロです。
売りは、脅威の純増413枚。

なんですが、これはあくまで赤7BIGが揃ったときだけ。
赤赤青だと75枚。
赤赤黒だとなんと!12ゲームまたは入賞4回・・・ということは・・・、ほとんど増えない。
しかし、赤赤青も赤赤黒もBIGボーナスにカウントされる上に、成立も多いので、カウンター上は凄く当たっているように見えて、これが全然増えていないという状況もある。
というか、赤7BIGはついに引けなかった・・・。

演出も・・・かなり問題あり。
『見てこうもん』演出・・・とでも言おうか・・・、
黄門様が、ステージの上で
「見て、見て、見て見て見て見て、見てコーモン」
と、尻を出してフリながら言うのだが・・・・
最後にすけさん、かくさんが出てきて肛門を印籠で隠したら当たり。
そのまま、尻が出てたらハズレ・・・という、笑いにならない失笑が一回。その後、出てきても全く笑えず・・・。

通常時、黄門様が歩いているんだが、お供に連れているのが、なんか、女性とガキ・・・。
どういう設定なのかさっぱりわからん・・・。

何より、当たっても赤7BIG以外うれしくない!
p_sozai02.jpg

昨日は、番長でBIG単で半分飲まれて、持ちコインで餓狼を。
で、持ちコインも飲まれて、追い金したんですが、なんとかだらだらと出てくれて結局ちょっとプラスになって帰ってきたんですが。
5号機の中では、これが一番好きだったりします。
やっぱ、通常時に飽きなく打てるのがいいですね。
通常時のコイン持ちが若干よくなる程度の「餓狼チャンス」も、演出が派手だからそれなりに飽きないし。
気づいたら400回転とか回させられてるし。
どうにもこうにもヤメ時がうまくいかないのが餓狼。
はまるときははまるんだけど、狂ったようにボーナス当たるときもあるんで困ってます。
ただ、時々当たる「餓狼チャンス」のせいで、頻繁に演出が派手になったり、ボーナス告知もかなりアツイし、液晶画面もきれいだし、不知火舞は揺れてるし、色々飽きさせない工夫はされている台です。

いや、1000円80回回るってのはウソじゃなかった・・。
そろそろ、年末にかけて、パチ屋がエサ撒きする時期ですか。
本日、12時開店の店があって、昼休みにちょこっと行って見ました。

リセットのある黄門ちゃまとか、麻雀物語なんかはすでに空きナシ。

で、まあ、番長なんですが、ボーナスなしで250で捨ててある台に座ったら、演出数え間違いしたのか、予想もしない回転数でREG。
そっからすぐに特訓入って11GでBIG。
98GBIG
106GBIG・・・
1GBIG
6Gチェリー解除青BIG
そっからだーっと1G連して2700枚出たところで時間切れ。
一つ空けて隣に座って、携帯の解析サイト見ながら打ってた若いお兄ちゃんに「打つ?」と声かけて・・・まあ、断るわけはないよな。
最後に1Gだけ回して譲る。
あわててコイン交換に行ったら、そのお兄ちゃん、落とし忘れてたクレジットの残り47枚持って追いかけてきてくれた。
うむ・・・、彼に譲ってよかった。

ちなみに、隣に座ってたのがチョイウザの兄ちゃん。
俺が時計見ながら打ってるのを見て、席を立つのを狙ってた雰囲気だったが、俺がやめる直前にREG引いてたのよね。
まあ、だから、一つ飛んで、向こうで663越えるあたりまで打ってて音なしの彼に譲ったわけだけどさ・・・。
まあ、上品な打ち方してたしね。

まあ、もったいなかったけど、十分プラスだし、初期投資が少なかったのが何よりだし、天国モード入ってたら、隣のウザがすっげー悔しがるだろうなぁ・・・と。
パチスロ餓狼伝説
p_sozai02.jpg

多分、高設定のを打ったんだと思う。
2時間弱打って、1200枚出たんですが・・・。
しょぼいと思うなかれ。
これが、ずーっとだらだらと、じわじわと増える台だったりします。

その分、低設定だと地獄だろうと思います。

餓狼チャンスという機能があって、1000円あたりの回転数が若干上がるシステムなんだけど、このシステムのせいで、かなり打たされる感じがあります。
ビッグは赤7ビッグで270枚くらい。白7で180枚。青7で100枚くらいと、少なめ。
でも、ボーナス引いたら餓狼チャンスに入るし、それが継続すると、どうしても打たされてしまう。
多分、餓狼チャンスで追い金させられてマイナスになる人もいるんではなかろうかと思われる。
ただ、高設定はなかなか楽しい。
液晶画面もかなりきれいだし、不知火舞は揺れるし、ツボは押さえてある感じ。
こういう感じの5号機もありなのか・・・と思いました。
羽ぱちんこウルトラセブン

これ・・・役モノは『たぬ吉くん』じゃん・・・。
たぬきがセブンになっただけじゃん・・・。

とはいえ、新装したての状況でもいまいち拾いが良くない釘になっている。

それもそのはず。
大当たりになったら、まずシングルかセブンかに振り分けられる。
シングルだったら、もう、そのまま飲まれるのは確実。
セブンになれば、さすがに7ラウンド開けばそこそこ増える。
しかし、拾いが良くないのでラウンド消化に少々時間がかかった。

で、7ラウンド終了後、7回メイン役モノの羽が開くまで下部の電チューが開き続ける。
その7カウント内でセブンに当たればバトルモードに入る。
バトルモードは、下部電チューが大当たりになるまで開き続ける。
つまり、ほぼ、次回の大当たりが約束される。
バトルモードは、シングルに当選したらドボン。
セブンがあたり続ける限り継続となる。

また、抽選方法には役モノによる抽選だけじゃなく、デジタルによる一発抽選もあり、それで当たれば14ラウンド大当たり+バトルモードというオマケ付きである。

だから、パチンコ屋のカウンターでやたら当たっている台があったとしても、それがいい釘で当たっているのかどうかは釘を見て、打ってみないとわからない。
中には、運よく一発抽選に当たって、そっからバトルモードが途切れなかった人もいるはず。

俺の初打ちは、投資6000円
その間、シングル2回当たり、飲まれている。
そっからセブンの当たり。
カウントダウンで当たり、バトルモード6回継続。
2900発。
なかなか当たらないけど、一発当たるとでかい。
その一発を当てるためにお金をつぎ込み続ける。
必要以上に射幸心を煽るようなパチンコ、パチスロ台は検定を通さない・・・。

はずなんだけど・・・。

CR湘南爆走族はとんでもないぞ!
kyoutai.gif

まず、これが盤面なんだが。
中央画面に数字が並ぶのは他のと一緒なんだが、数字が揃っても当りにはならない。
数字が揃うと、左肩の部分に役物があるが、そこのチャッカーが開く。
そこで、まず、抽選が行われる。
そこで当たれば15ラウンド大当たり。
で、そこの抽選ではずれたら、今度は盤面上部の羽が開いて玉を拾う。
そこから盤面右下の回転役モノの「V」に入れば14ラウンドの大当たり。
さらに、初当りの後、高確率で左上の役モノのチャッカーが2回開く「チャレンジタイム」に入り、その2回のチャンスをモノにすれば「爆走モード」大当たり後、左上チャッカーが5回開くモードに入る。

これが非常に恐ろしい。
他のCRの確変は、純粋に抽選だけなので確変中にはまることもある。
しかし、CR湘南爆走族ははまらない。
連荘が早い。
そりゃそうだ。
役モノに入ることがすなわちチャンス。
あと、打った感覚だが、左上チャッカーが一回開くときに複数玉が入ると、その回数分抽選しているような感じだ。

いや、この台、なかなか当たらなくて、二、三日前からけっこうやられてたんだが、当たってみて、釘が渋いのも納得。

一撃17連荘24800発だからね・・・。
ストックパチスロ機真っ青じゃん・・・・。
ここまで激しい台見たことないぞ!
つーか、時間のないときは打ってはいけない。
もし、当たったら大変だ。
あと、単発のときは激しく凹むだろうな・・・。

で、大当たり中の演出だけど
06-10-22_20-541.jpg 

06-10-22_20-54.jpg
このように、コミックスがキャプチャーされて、その話のおいしいところが映し出される。
特に、この「告白」の映像には、緑川光と鶴ひろみのボイス付きだ!
あと「原沢の初恋」の、大船行き電車に並走して、旗で告白する話も泣けた。
BGMは島大輔の「大人の勲章」
大人の勲章 大人の勲章
嶋大輔 (2005/09/28)
ベルウッドレコード

この商品の詳細を見る

当たったいる最中はすげぇ楽しかったけど、ここんとこ打ち込んでいて、まずデジタルが当たらない。熱い演出がわかんない。役モノVに入らない・・・で、とにかくイライラしていたことも思い出した。

とにかく、この台。
つーかこの系統の台は多分近いうちに許可おりなくなると思う。
20061009194933
うむ、出掛けなくてよかった。
きっちり10連荘しました。
新台『CRかぐや物語』
やべ・・・このグラフィックの美しさ・・・かなり癒される・・・。
『CR満月の夜に昇天したい』もかなりグラフィックが美麗だったけど、いかんせん、主役キャラが微妙・・・。
リアルなんだけど、かなり微妙・・・。
そのへん、かぐや物語の方は・・・。
cala_04.jpg
これ、かなり沢尻だよね?
沢尻エリカっぽいよね?
あ、沢尻エリカといえば、風味絶佳・・・じゃなくって・・・
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産) 間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
佐々木蔵之介 (2006/10/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る
間宮兄弟にも出てるんだけど、この映画、予想以上に楽しめました。
30歳過ぎても兄弟仲良く暮らしている間宮兄弟の日常と恋愛・・・と言っても、間宮兄弟は淡い思いを抱くだけで、相手の女性はみんなわけあり。
でも、間宮兄弟は仲良く、親思いで、幸せである。
そんな日常を淡々と描いているんだけど、随所に森田芳光っぽさが出ていて非常に面白かった。
特に、常盤貴子がとんでもなく芝居のレベルが上がってるのには驚いた。

あ、パチンコの話だった。

で、今日の10連もすごかった・・・。
いや、あまりB基盤とかエンカク師匠とか言うのもなんなんだけど、一昔前のB海物語の10連ワンセットっぽい挙動するんだもん・・・。
確変引いたらけっこうはまって、時短になったら速攻当たるという・・・。
最後は10連目時短が終わってきっちりうんともすんとも言わなくなるという・・・。
まあ、当たれば何でもいいんだけどね。
大当たり中のBGMがいまいちだったかな?
BGMだけで言えば『満月の夜に~』の方がいい感じだった。
しかし、癒される。
予告演出で、竹が光って赤ん坊が出てきて、子供になって、少女になる演出があるんだけど、これが美しい。
あと、古語で竹取物語の序文がゆっくりと表示されて、表示終了とともに大当たりという演出も良かった。

ただ、打った店なんだけど・・・。
スタートチャッカーは広めだったんだけど、大当たりチャッカーが閉めてある。
さらに、スルーが閉めてあるので時短中に玉が普通に減るという不具合!

まあ、当たれば何でもありなんだけどね・・・。

北斗SE、通常と低確率で演出選択率一緒だなんて・・・


スロハイのまちゃさんのメルマガより。

どうりで・・・、第三停止服破り、第三停止指鳴らしがあちこちで頻発するわけだ・・・・。
こりゃわからんわ・・・。

背景変化がわかりやすいところか?
あとは、前兆演出を見逃さないってとこか?

でも、これで積極的に打つ気ががったり落ちた・・・。